シャネル買取比較ランキング|シャネルの高価買取店を徹底解明!

シャネル買取を考える人におすすめな高価買取店をピックアップして、ランキング形式で比較しています。

素材別お手入れ方法

シャネル製品を買取に出す前に行いたいお手入れについてまとめています。
素材別にできるお手入れを簡単に説明しているので、是非とも実践して高価買取を目指しましょう。

バッグ、財布、靴などの素材別

本革

柔らかい布を使って、乾拭きしましょう。

硬い布を使うと傷がついてしまうことがありますので、注意が必要です。

本革専用クリーナーを使えば、汗・垢・皮脂による汚れも綺麗にすることができます。

合成皮革

水や薄めた中性洗剤を布に含ませ、全体を拭きます。

染みならないよう、しっかりと乾かしましょう。

部分的な汚れには、専用クリーナーや消しゴムを使うと落とせる場合があります。

スエード、ベロアなどの起毛革

ナイロンや毛でできたバッグ用のブラシで、毛並みを整えます。

このブラシで、全体についたホコリなどを落とすこともできます。

起毛革の汚れは、専用クリーナーを使って落としてください。

エナメル

柔らかい布を軽く湿らせ、叩き拭きをします。

綺麗な光沢がはがれないよう、ビニールなどのくっつきやすい素材とは離して保管します。

エナメルは、指紋や汚れが目立ちやすい素材ですので、お手入れの際には手袋などをはめると良いですよ。

化学繊維

布をぬるま湯で湿らせ、叩き拭きをします。

部分的な汚れは、専用クリーナーや消しゴムを使って落としましょう。

オーストリッチ、爬虫類

水を使わず、柔らかい布で乾拭きしてください。

変質を防ぐため、防虫剤は使用しない方が良いでしょう。

貴金属や天然素材のお手入れ方法

貴金属

ゴールド、シルバー、プラチナは、実は柔らかい素材なので傷がつきやすいものです。

貴金属用の研磨布を使って磨くと、全体を綺麗にすることができます。

頑固な変色汚れは、研磨スプレーを使ってお手入れしましょう。

ただし、研磨剤は微粒子を使って表面を削っていますので、強くこすりすぎると白い筋になってしまいます。

優しく丁寧に磨くようにしましょう。

天然素材

麻や綿などの素材は、ぬるま湯で湿らせた布を使って叩き拭きしましょう。

消しゴムタイプのクリーナーで汚れが落とせますが、素材によっては生地の繊維が剥がれてしまうこともあるので、注意が必要です。

洋服

臭いを吸収しやすい洋服は、必ず洗濯やクリーニングをしてから買取査定に出しましょう。

そで、脇、襟、正面部分など、シミがつきやすいところは確認が必要です。

手ごろな価格であれば、シミ抜きをしておくと良いでしょう。

時計

文字盤の汚れには、柔らかく布で乾拭きをしましょう。

金属ブレスは、中性洗剤と柔らかい歯ブラシで、お手入れすることが出来ます。

コマとコマの間など、時計は細かい隙間に汚れが溜まりやすいため、綿棒や爪楊枝を使って綺麗にしましょう。

査定前のお手入れは「できる範囲で綺麗に」がポイント

シャネルのお手入れ

シャネルを買取査定に出す際には、できるだけ綺麗にしておくと高価買取につながります。

ただし、「綺麗にしなくては!」という気持ちが先行し、自分でできる範囲以外のことをやるのはあまりオススメできません。

お手入れ方法を間違えると、せっかくのシャネルに予想外のシミやキズができてしまいます。


現在では、汚損などがあっても買取をしてもらえる場合が多いですが、買取価格が下がる原因となってしまいます。シャネルはハイブランド品ですから、特に綺麗さが重視されますので、自分のできる範囲で綺麗にすることが重要です。

「お手入れ方法が分からない」「お手入れグッズを持っていない」という場合には、無理をせず、そのまま買取査定に出すようにしてください。

メニュー ブランド買取サイト